• 「あみえび醤油」(魚醤)と関連商品の開発とブランド化事業
  • 山形県庄内浜「水産業の課題」と「新商品開発」。

     山形県漁業協同組合の課題として、沿岸小型船の漁師の高齢化と漁の重労働等により、漁獲量の減少が経年を通し見受けられるようになりました。水産業の停滞する環境で様々な課題を抱えています。

     この課題解決策の一つとして、庄内浜で近年低利用、未使用になっている魚類の活用を考え、その一つである「あみえび(こあみ)」に着目しました。

    あみえび(こあみ)は資源としても豊富で、安定して入手できる海産資源。
     あみえび(こあみ)漁は、漁期が漁の薄くなる2月頃からの数か月であり海面に集まることから比較的高齢者でも漁が可能で収入に結び付けることが可能なこと、あみえび(こあみ)漁の取り組みは漁師、漁協の共通の課題解決と漁の活性化が期待できると考えました。
     

  • あみえび醤油の「遊離アミノ酸の魚醤中含有量比較表」をアップしました!!
  • 山形県初の魚醤の商品化。

     日本には三大魚醤と言われる秋田県「しょっつる」、香川県「いかなご醤油」、石川県「いしる」があります。庄内浜で獲れる「あみえび(こあみ)」で他県商品に負けない「海老風味がある四大目」の魚醤の商品化に取り組みました。魚醤は出汁醤油としての用途があり鍋料理に最適ですが、漬物やサラダ、刺身、寿司、西洋料理でもニーズがあります。

     山形県庄内食の親善大使であるアル・ケッチャーノ奥田シェフが魚醤を探していたことで商品開発に協力をいただくこととなりました。

  • アル・ケッチャーノ奥田シェフと「あみえび醤油(こあみ醤油)」料理を楽しむ会が開催されました。
    ~「あみえび醤油」商品開発とブランド化農商工連携事業認定記念~

     庄内浜の「こあみ」を活用した旨味(うまみ)調味料・魚醤「あみえび醤油」の商品化に際し、経済産業省のすすめる「農商工等連携認定事業」に、山形県漁業協同組合、アル・ケッチャーノ奥田シェフに連携参加いただいて申請し、7月8日に認定を受けることができました。
     
     ご支援いただいた皆様をお招きして認定のご報告と、アル・ケッチャーノ奥田シェフが腕振るう「あみえび醤油」料理を楽しむ会を開催いたしました。

  • 「あみえび醤油(こあみ醤油)」料理を楽しむ会メニュー

    山形県「食の都庄内」食の親善大使アル・ケチャーノ奥田シェフが腕を振るった「あみえび醤油(こあみ醤油)」料理です。
    9月には、おいしい山形プラザレストラン「ヤマガタ・サン・ダンデロ」にて「ガルムの会」を開催予定です。お楽しみに!!

    写真1/金頭焼きとにんじんと大根にガルムを入れたカリフラワー、つぶ貝とインゲンのガルム煮
    写真2/すずきのガルムマリネとパクチー
    写真3/甘鯛ガルム焼きとあけたての岩牡蠣
    写真4/サザエをガルムで壺焼きにして、その汁にピーマンとみょうが
    写真5/豚肉のステーキとキャベツとジャガイモのガルム添え
    写真6/イカのガルム漬けのクリームソースフェデリーニ 水菜添え
    その他/きゅうりのガルム漬け

    奥田シェフ
    奥田シェフ
    料理の様子
    料理の様子
    写真1
    写真1
    写真2
    写真2
    写真3
    写真3
    写真4
    写真4
    写真5
    写真5
    写真6
    写真6
  • 農商工等連携促進法に基づく農商工等連携事業に認定されました。

    新栄水産有限会社「あみえび醤油」(魚醤)と関連商品の開発とブランド化」事業が、農商工等連携促進法に基づく農商工等連携事業に認定されました。

    農商工等連携事業計画」は、中小企業の経営の向上及び農林漁業経営の改善を図るため、中小企業者と農林漁業者が有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用し、新商品の開発、生産若しくは需要の開拓等を行うものです。

     

  • 山形県酒田市山居町2丁目14-22 〒998-0838 TEL:0234-21-2755 FAX:0234-21-2766
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。